本文へ移動

施設のご紹介

幼少期の思い出に残るような園舎として。

子どもたちの健やかな成長には、落ち着いた環境で過ごすことが、とても大切だと当園は考えます。子どもたちの快適な活動を促す施設の特長をご紹介します。
平成30年度・令和2年度の2か年で、4つの保育室の床を【大阪府木のぬくもり事業】により木質化しました。この【木のぬくもり事業】は大阪府産の木材を使用した事業です。
当園では大阪府産の『檜(ひのき』を使用しています。とても温かみのあるお部屋です。裸足でいても気持ちがよいです。

園舎の特長

太陽の光がそそぎ込む園舎

園舎の中心部に廊下
すべての教室(お部屋)には大きなガラス戸と窓ガラス。そこからは季節の日差しが注ぎ込みます。
玄関は南向きで自然光が入り込み、吹き抜けになっている開放感あふれる空間です。
玄関横に事務所があり、事務所のカウンターや壁面は子どもたちの作品コーナーになっています。

子どもの安全対策

園児の安全を考えた防犯セキュリティーを完備しています。
カラフルで明るい最新設備の使いやすく衛生的なトイレや、園舎全体に段差のないバリアフリー設計を施しています。また、園児の安全を第一に思い、不審者の侵入を防ぐ防犯セキュリティーを完備しております。

きれいな園舎・広いグランドと園庭 楽しいことがいっぱい!

整理整頓されたきれいな園舎。床、机、いす、絵本だな・・・すべてが木製。温かみがあります。
園庭と隣接した広いグランドがあり、園児たちの年齢に応じた遊びが広がります。
コロナ禍でお散歩もままならない状況ですが、本庄こども園の子どもたちは、園庭・グランドに出て、遊具で遊んだり、お友達と一緒に思い思いの遊びを展開しのびのびと過ごしています。0歳児はバギーに乗せてもらい、園庭・グランドを廻り、園の畑やお花を愛でることができます。

各クラスの教室・保育室

園庭とグランド

グリーンランド(園舎屋上から) 安田式遊具(雲梯・鉄棒・滑り台やのぼり棒がある総合遊具・平均台)を設置しています。
広いグランド、運動会もこのグランドで行います。(ポールさんの機関車を楽しむ子供たち。H31年度)

0歳児

床暖導入。 食事やお絵描きなど椅子に座り活動する場所と、午睡やあそびに利用するスペースとを分けてます。
おやつ時間。
担当制でいつも同じ先生からいただきます。

1歳児

床暖導入。広いお部屋を、テーブルのあるスペース・活動ができるスペースに分けています。
午睡や、おもちゃで遊んだり絵本を読んだり保育者とふれあい遊びなどをします。

2歳児

机を置く場所・遊びの場所を分けており、自由あそびのときには、子どもたち自らが遊びたいところにいきます。
子どもたちが大好きなおままごとセットを収納している棚。お母さんを真似てお料理ごっこが始まります。

3歳児

3歳児からは給食とおやつはランチルーでいただきます。教室は活動の場です。体操服登園ですので身だしなみも大切にしていきます。
壁面にロッカーがあり、その上の壁には子どもたちの作品を飾っています。(全クラス ほぼ同じです)

4歳児

大阪府木のぬくもり事業により、大阪産のヒノキを床材に使用しています。冬でも足元は木のぬくもりを感じます。
活動中の様子。椅子に座り先生のお話をきいています。整理整頓された教室です。

5歳児

活動の様子。椅子に座って先生のお話を聞きます。こちらも、大阪産ヒノキを床材に使用しています。
1dayチャレンジや運動会で着るTシャツの染め。先生の話を聞いてからチャレンジ。デザインや色あい 皆違って素敵な作品になります。

ホール・屋上

入園式・卒園式・生活発表会はもちろんのこと、毎朝の体操や各クラスの活動にも使用します。
3階屋上にあるプール。幼児が使用します。

ランチルーム

3歳以上のクラスが給食とおやつをここでいただきます。(写真はコロナ禍前。対面で先生も一緒にいただいていた時のテーブル配置です。)
壁面には、その日献立の内容・食材の紹介・食事をいただく時の姿勢 を展示しています。(食材の入替は前日に5歳児さんが担当)

事務所

子どもたちが教室で作った作品を手にして、トントン、「失礼します。飾ってください。」と訪ねてきてくれます。事務所のカウンターに展示します。
5歳児さんの作品。担任が、トントン「失礼します。飾らせてください。」と。次はどのクラスが持ってきてくれるかしら?!

施設・設備の概要

敷地
敷地全体   2,057,02㎡
園  庭   1,483,63㎡
園舎
構造     鉄筋コンクリート造 陸屋根 合金メッキ鋼板葺3階建
延べ面積   802,98㎡
築年月日   平成17年3月
TOPへ戻る