本文へ移動

教育及び保育の理念と方針

教育・保育理念

乳幼児の最善の利益を考慮しつつ、健全な心身の発育発達を期待し子どものもつ潜在的な可能性に働きかけ、「生きる力」の基礎を、豊かな活動と学びを通して培います。
 
児童憲章の精神を基本とします。
 〇 児童は、人として尊ばれる
 〇 児童は、社会の一員として重んじられる
 〇 児童は、よい環境の中で育てられる
 

教育・保育方針

『明るく 元気に 伸びていく子を 育みます』
 
① 乳幼児期に大人との安定した愛着関係や信頼関係を築けるよう、
  よりよい環境(安定した人間・時間・空間)を提供します。
 
② 子ども一人ひとりの育ちを大切に見守ります。
 
③ 子ども一人ひとりが伸び伸びと自分らしさを表現でき、大人はそれ
  を受け止め、言葉で伝えます。
 
④ 子どもの「なんだろう? おもしろい」(興味・関心)
  「やってみよう!」         (意欲)
  「もっと もっと」         (集中力)
  の気持ちを引き出します。
 
⑤ 基本的な生活習慣や、社会生活における望ましい習慣や態度を身に  
  付けることができるよう大人が示します。
 
⑥ 子どもの生活の連続性を踏まえ、家庭や地域社会と密な連携を図り  
  ます。
 
 
 
TOPへ戻る