本文へ移動
地域に根ざした園として。
私たち本庄こども園は、みなさま一人ひとりに向き合い、つねに求められるよきパートナーとして地域や社会に貢献してまいります。
このホームページから「園に関すること」や「知りたい情報」など、みなさまのお役に立てるタイムリーな情報をお届けします。
お知らせ・新着情報

最近の園の様子

夏やさい ぐんぐん 大きくなってきました
5月の連休前に、職員・子どもたちと一緒に園の畑の土づくり・畝づくりをし、連休後に夏やさいの苗・種を植えました。
梅雨の雨の恵みもあり、ぐんぐん大きく育っています。
支柱やネット張り と先生たちは大忙し。
でも、葉が茂り、花が咲いてくると 嬉しいですね。
子どもたちの「発見」に耳を傾け、楽しみたいと思います。


飼育コーナー設置
玄関先や事務所カウンターに置いていた「熱帯魚」「あおむし」「かぶとむしの幼虫」を1階廊下に移動しました。
新しい仲間「ざりがに」もいますよ。
登園時・園庭から部屋に戻るとき・2階から階段から降りてくるとき・・・・子どもたちはコーナーに立ち止まってよーく観察しています。「先生、あおむしがさなぎになってる!」「黒いさかなが赤いのを追っかけてる」・・・


事務所のカウンター
職員がお家から【紫陽花】を持ってきてくれました。
季節の花ですね。
そして、併設園 ほんじょう保育園の職員が園庭に咲き終わって地面に散っていた【つつじの花】数枚 草の茎に通したものを飾ってくれました。これを見つけた こども園の子どもたち、園庭で遊ぶときに同じものを作って事務所に持ってきてくれました。
理事長先生、「昔は東大阪にも【れんげ】や【しろつめくさ】が咲いてて こんな遊び ふつうにしてたなあ」と懐かしんでいました。
毎年5月に行う『こどもの日のつどい』
例年は全クラスがグランドに集まりミニ運動会のような活動をしています。今年は雨になってしまい、コロナ対策ということで、各クラス  ホールでかけっこや玉入れなどをしていました。幼児クラスは、更に、厚労省から届いた『さかなくんからのメッセージビデオ』をランチルームで特別に鑑賞しました。【鯉】についてのお話で、鯉の特長をとらえたイラストの描き方も知ることができましたよ。
TOPへ戻る